ロゴ Conductor 花のイメージ
スペース1
トップページ コンサート チケット スケジュール レポート プロフィール CDのご案内 お問合せ


指揮者写真

  前田二生/指揮 Tsugio Maeda/conductor  
 

東京レディース・シンガーズ、新東京室内オーケストラの常任指揮者。スロヴァキア国立ジリナ室内管弦楽団名誉音楽監督。中国中央テレビ・放送合唱団首席客演指揮者。

海外に於ける活動が多く、1989年以降ウィーン楽友協会における「ウィーン芸術週間コンサート」、「ハイドン記念週間コンサート」、「ウィーン春の音楽祭」等の主要イベントに22年間連続出演している。1996年10月に「ブラティスラヴァ音楽祭」及びウィーン楽友協会主催の特別コンサートで、G.v.アイネムの新作「弦楽オーケストラのためのスロヴァキア組曲」の初演を行い高い評価を得た。
2000年8月には、韓国世宗文化ホールで、ソウルフィルハーモニーを指揮し、韓国出身の尹伊桑の最後のオーケストラ作品である交響詩「焔に包まれた天使」を披露、朝鮮半島南北融和の動きの中で大きな注目を集めた。 また、2001年10月には、スロヴァキア国立コシツェ交響楽団を指揮して、西村朗作「東アジア幻想曲」を世界初演した。

国内では、1995年サントリーホールで東京フィルハーモニー交響楽団を指揮し、前述の尹伊桑の交響詩の世界初演や各種コンサート、とりわけ委嘱作品、本邦初演作品等の披露につとめ、NHK-FM放送等でも度々放送された。
2005年、ウィーン楽友協会が入手した「モーツァルト作曲の可能性のある交響曲二長調」を東京とウィーンで世界初演し注目を集めた。
ギュンター・レーマン(当時、ウィーン国立歌劇場首席指揮者)に師事。2010年11月、オーストリア政府より「オーストリア科学・芸術栄誉第一等級十字章」受章。






トップページ  コンサート  チケット  スケジュール  リポート  プロフィール  CDのご案内  お問合せ
 
Copyright (c) 2003 Maeda Office Co., Ltd. All Rights Reserved.